Top > 美容コスメ > 内服薬・外服薬で考えるトレチノイン

内服薬・外服薬で考えるトレチノイン

トレチノインはレチノールの 約100倍の薬理作用を持つビタミンA誘導体の一種です。内用薬としてのトレチノインは、副作用として呼吸不全などのレチノイン酸症候群があるため、緊急時に十分処置できる医療施設及び化学療法に精通した医師の下で使用することになっています。

 

外用薬としては、米国でニキビ薬として処方されていましたが、強力な皮膚のターンオーバー促進作用があるので、シワやシミを改善するクリームに配合されることもあります。

 

海外医薬品の通販でトレチノインを通販するなら

トレチノイン・ハイドロキノン!お得価格で通販するには!?

 

どちらにせよトレチノインは非常に高い効果とともに副作用の危険もあるため、使用に際しては細心の注意が必要です。だからと言って、必要以上に怖がる必要はありません。正しい使用法に基づいておこなうことで、自分が望む美肌に近づくことができる夢のような成分なのです。

上手に活用して、美しい素肌を手に入れましょう。

 

美容コスメ

関連エントリー
内服薬・外服薬で考えるトレチノイン人気のある洗顔料を使いたい